子育て・育児

トイレトレーニングを始めるタイミングと基本のやり方

新米ママ
新米ママ
うちの子もそろそろトイトレ始めなくっちゃ!だけど、いつ頃からどうやってやるのかイマイチよく分からないわ…

保育士きうい先生
保育士きうい先生
トイトレは焦らず怒らずが基本です♡はやい育児書には1歳頃から…とありますが最終的に「年少クラスに入る頃にはパンツで日中過ごせるように」を目標に頑張りましょう!

トイレトレーニングを始める目安

おしっこを溜めていられる間隔が長くなってきたら、様子を見てトイレやおまるに座ってみるように誘いましょう。2時間ほどおむつが濡れていなければ始めるチャンスです!タイミングが合いおしっこやうんちが出たら大いに褒めてあげてください♡

これが出来たらチャンス!

・おしっこの間隔が1時間半〜2時間ほどあいている
・足腰がしっかりして、走ったり出来る
・言葉のやりとりができるようになってきた
・おしっこのでる感覚がわかる
・「ちっちでた」など言えるようになってきた

新人保育士みかん
新人保育士みかん
保育の現場では3歳になる年齢(2歳児クラス)で本格的に行ないます。冬は寒くてトイレが近く行くのも億劫になるので春〜秋ごろまでが良いと教えてもらいました!

梅雨明けの初夏がベスト

ジメジメした時期が終わり、暑い夏到来!
この時期にトイトレを始めると
年少まで半年以上練習することができ
失敗しても、冷たくないし
着替えも少なくて済みます‎٭¨̮♫*
長引かないトイトレが理想です

トイレトレーニングの進め方

おむつが濡れる間隔を親が把握

まずはお子さんの排尿間隔を把握しましょう

おむつが濡れていないときにおまるやトイレに誘い、おしっこをする場所だと教えます。初めはおしっこが出なくても座ってみるだけでも十分OKです。

①おまるやトイレに座ってみる

朝起きてから夜寝るまでの生活の流れに合わせて座ってみましょう
食事の前後・お昼寝起き・外に出かける前後 など排泄のタイミングを習慣づけます

②うまく出来たらとにかく褒める!

トイレに座れたら褒める、おまるにおしっこが出たら褒める、
おむつに「でた」の事後報告にも「言えたね〜♡」「えらい」「すごい」と出来たことを褒め続けて自身に繋げてあげましょう

③オムツからトレーニングパンツへと移行する

おむつで排泄のタイミングが習慣づいできたら、いよいよパンツデビューです!

はじめは午前だけトイトレ

まずは午前中の数時間からスタートをし1時間強ごとに、こまめにトイレに誘ってください。

短い時間でも、失敗をせずパンツで過ごせる事が自信につながります。

お昼ご飯やお昼寝前にはおむつに替え
午後からはおむつに戻してOKです

午前で慣れたら午後もチャレンジ

次第に、午前中だけでなく(お昼ご飯・お昼寝はおむつに戻し)お昼寝寝起きからの午後もパンツで過ごす時間を増やしていきます。

食事中と睡眠中は最後に

※食事中・睡眠中は出てしまう事が多いので最後に取り組みます。

一気に進めようとするのではなくパンツで過ごす時間を徐々に増やしていくのが成功のもとです。

トイトレに叱りは禁物

失敗(お漏らしやトイレを汚すなど)しても叱ったり怖い顔をするのはいけません。失敗を恐れて言えなくなってしまいます。

「出ちゃったね」と同調したり「拭けば大丈夫だよ」「出ちゃったこと教えてくれてえらかったね」と優しく声をかけてあげることが前へ進むステップです☆

④子どものサインをみつけて声をかける

だいたい時間の間隔が掴めてきたらあと少しです!
トイレに行きたくても遊びに夢中になっていると、ついつい我慢しがちです。

未熟な膀胱と鈍い感覚

まだ膀胱に貯められる量がいっぱいではないのと、尿意を感じても自分では『まだ大丈夫』だと思っていてもすぐに限界がきてしまい、漏らしてしまうことはよくあります。

仕草やいつものタイミングに留意

いつものペースでこまめにトイレへ行くだけでなく
モジモジしたり股を押さえながら遊んでいたり
部屋の隅で踏ん張ろうとする姿を見つけたら
言えなくても、トイレに行きたいサインです◎

サイン見逃さずトイレへと促していきましょう!

⑤ペラペラのパンツで最終形態へ

おむつ→トレーニングパンツ→通常の生地の薄いパンツ で練習しましょう

トレパンと上手く使い分けよう

薄いパンツはトレパンに比べると
生地が薄いためダイレクトに漏れやすく
失敗の汚れは落ちづらいです
しかし、メリットも沢山◡̈♥︎

ムレない・ズボンがあげやすい・かさばらない

戦隊モノやプリキュアなどなど
子どもが好きなキャラクターも豊富で
やる気が出たりメリットがたくさんです。

パンツのことをお兄さんパンツお姉さんパンツと呼ぶことで、お子さんと一緒に成長の喜びを共有できます。自信がつくのでお勧めです♡

周りと比べず我が子のペースで

排泄は個人差が大きいです。同じ月齢の子が始めているから…と無理に焦らずお子さんの発達に合わせて誘っていきましょう。嫌がるときは決して無理をせず、気が向くまで次の機会を待ちましょう。

子どもがトイレに興味を持つ3つの工夫

①かわいいトイレに座ってみる

おまるやトイレの便器にお気に入りの
キャラクターが付いていると嬉しいですね!

専用のキャラクターおまる・補助便座を買わなくても
ちょっとした紙が貼ってあるだけで喜んでくれます♡

好きな乗り物などのシールを貼ってみましょう。
自分の好きなものにつられてトイレに座ろうとします。
かわいい補助便座や壁飾りをするもの良いですね

②近くでトイレを見てみる

友達や月齢の高い子どもたちが
トイレを使っている様子をみると
好奇心から「行ってみたい!」という
気持ちが芽生えてくるかもしれません。

お兄ちゃん・お姉ちゃんがいるお子さんは
同じことをしてみたいという気持ちから
興味を持つようになります。

おしっこしてるね、かっこいいねと
声をかけて見本を見せてあげてください。

③絵本から楽しいイメージを持てるように話す

トイレトレーニングの絵本を見たり、
パペットでトイレのおもちゃに座ったりする
プチ劇やお話を見たりすると
さらに興味が出たり意欲が湧いたりします。

「おしっこしーしー」「でたよ、でたでた」など
同じ言葉の繰り返しがあったりすると
よく食いついてくれます。 

絵本のトイトレは家庭でも簡単にできるので
イメージしやすくとってもオススメです♡

いざ準備!揃えよう

トイトレで必要なもの

・トレーニングパンツ(通称トレパン)…薄いパンツよりおしっこの水たまりが床にできないのでオススメ

※好きなキャラクターなど自分で選ぶと意欲UPです♡

・オムツ…徐々にパンツへ移行するためストックはしておく。子どもが意欲的にトレパンやパンツを履きたいが漏らしたら困るとき、心配なときに重ねて履く方法もある

・自分で着脱しやすい服…ロンパースなどの繋ぎの肌着・硬いデニムなどは避ける

・おしっこ失敗用品…洗い専用バケツ、洗剤、ハイター(便の黄ばみが落ちる)、床拭き雑巾、おしっこ用タオル

※お掃除専用セットを作っておくとすぐに使えて焦らず、普段使いと分けて衛生的

保育士きうい先生
保育士きうい先生
始める時期ややり方はあくまで人それぞれです。大丈夫、おむつはみんないつかは取れますよ♡見守りゆっくりとそのこのペースで進めていきましょう。