未分類

辛い時こそご飯を食べよう

f:id:kiwi-chan:20190110234853j:image

こんにちは、保育士のきういです。

 

辛い時、壁に当たったとき、悲しいとき

生きる気力を無くしてしまうと

人は食べることをやめようとします

 

嫌なことがあったとき、悩んでいるとき

食べる元気って無くなってしまいますね

 

食は人の生活に切っては切れないもの

食べることは心とつながっています

 

食べることは生きることです

 

だから、辛いときこそご飯を食べて

生きる力を 前を向きましょう

 

泣けるとき 悲しいとき

ご飯を食べるとすこし満たされます

 

過食症の人は、生きたい のサインです

 

食ですべてが満たされる訳ではありませんが

ほんの少しでも、後ろ向きな気持ちが落ち着きます

 

子どももおとなも一緒です

食育は、こういう観点でも注目されています

 

食を大切にしましょう