きういの出産•入院記録

産後入院中に息子が新生児黄疸になりました【光線治療の記録】

息子が新生児黄疸でした

きうい
きうい
実は産後入院中に息子が新生児黄疸になり光線治療をしていました!(完治しています)

その時の事を振り返りながら記録します。

治療中の写真を載せますので、妊娠中や産後など不安になる方・気分を害される可能性のある方は観覧をお控えください。

先生から呼び出され通告

総合病院で出産した為、毎朝食事の時間に
ナースセンター隣の新生児室に子どもを預けて
小児科医の診察がありました。

産後2日目の朝、ナースコールが鳴り
ナースセンターに来る様に言われました

行くと小児科医の先生2人と助産師さんがいて
息子の黄疸について伝えられました
※他の人が周りにいない時呼び出してくれました

小児科Dr.
小児科Dr.
毎朝のチェックしてるんだけどね、黄疸の数値がちょっと高いから赤ちゃん治療しますね(その後メカニズムと治療の説明)

なんだか慎重に伝えられて
少しドキドキしてしまいましたが
幸い保育士をしていて
ある程度の知識があったので
私はすぐに新生児黄疸を受け入れられました

きうい
きうい
新生児黄疸か…!よくある事だよね、大丈夫!早めにすぐ治療できて良かった

新生児黄疸はある程度自然なことであり
治療をしっかりと行えば後遺症なども無く
命に別状はないことは知識として
分かっていたので言われた時は平気でしたが
入院中思わず涙を流す事もたくさんありました。

息子はすぐ入院で治療に

産後の私を気遣ってみんな優しかったです
総合病院なので、治療もすぐにその場で出来ました
同じ病院に同じようにいれて授乳も出来るけど
光線治療をするために母子同室は出来ず
新生児黄疸で入院扱いになると言う事でした

入院の説明と書類手続き

新型コロナウイルスで面会も出来ない日々
赤ちゃんに会えず治療も必要な状態
きっとパパはすごくもどかしかったでしょう
元気かな?大丈夫かな?と
母子共によく心配してくれ励みになりました

息子の入院手続きは一人でやる必要があり
書類などそんなに難しい事ではないけど
産後で身体が痛すぎて地味にキツかったです

あと、会えない家族が心配しすぎないように
黄疸で治療することになっちゃったけど
すぐに治るから大丈夫だよー、と
私も明るく振る舞うように連絡してました
(毎日送る写真を楽しみにしていたので言わずにおく事が出来なかったです)

入院についての説明があり書類を渡されました

助産師さん
助産師さん
光線治療したらすぐ良くなるから大丈夫よ。一応入院扱いになるから書類だけ書いてね。あ、もし決まっていたら赤ちゃんの所お名前書いてね♡

名前も漢字も決まっていたので
産まれてから初めて名前を書類に書きました

きうい
きうい
初めて息子の名前書いた…保護者の欄には自分の名前。母になったんだなぁ…(実感)

入院の書類を別の助産師さんに渡すと
声に出して褒めてくれて嬉しかったな。

助産師さん
助産師さん
書類ありがとうございます。いい名前ですねー!〇〇くん!

ちょっと落ち込んでいた気分も晴れました♡
助産師さんって本当すごい
入院中の助産師さんの存在って
本当神さまのようですよね(笑)
素晴らしいお仕事!

光線治療がスタートしました

黄疸は肌と白眼が黄みを帯びてくる現象です。
息子も気がつけば生後すぐよりも白目と肌の黄みが濃くなっていました。

説明を受けたその後から
すぐに光線治療がスタートしました

黄疸は、明るい光線または青色の光線の下に
裸にした赤ちゃんを(目は保護用マスクで覆って)寝かせて治療します。

光線療法の光が皮膚のビリルビンを分解し、
黄疸を薄くしてくれるので授乳以外はずっと
青い光を浴びて目隠しされた状態で箱に入ってました

がんばれ息子!日焼けサロンだ!(笑)
なんて明るく思える時もあれば
目隠しされて可哀想に…と心が痛むときもしばしば

頑張る息子、私が辛かった治療中

新生児黄疸自体に不安はないし
息子の事も病気としては心配なく
ちゃんと治療出来てよかった〜、
光あてたら治るやつだもんね?
くらいに頭では思ってたけど

いざ実際に治療がはじまってみると辛い!

光線治療をしていて辛かったこと

  • 目隠しされた姿が可哀想
  • 母子同室出来なくてもどかしい
  • 光線治療で肌が日焼けしちゃう
  • 熱い身体が可哀想
  • 産まれたばかりの息子の顔が見えない
  • 授乳室で他のママの視線が刺さる
  • 一緒に退院出来るか不安
  • 私が自分で治療の箱に入れること
  • 目隠しのテープを交換するときが辛い  

母子同室が出来ず一緒に居られない事。
身体が休められるからラッキーなんて
ポジティブに考えようとしても
大部屋で私だけ赤ちゃんと
一緒にいられない事実はさみしいし

治療のために目隠しされた息子を
目の当たりにすることが思った以上に
可哀想に感じてしまい辛かったです。

光線治療器の出し入れが辛い

特に辛かったのは光線治療を母である
私がやることでした。

光線治療を『私がやる』という表現は
ちょっと違うかもしれませんが、
出産した病院は光線治療器への出し入れを
自分で出来る様に説明をされました

助産師さんや看護師さんがやってくれる
ものだとばかり思っていたので
あ、これもやるんだ!と少しびっくり

きうい
きうい
今思えば、つらいのでやってくださいとお願いすれば勿論やって頂けたと思いますが息子のお世話のうちだから私がやらなきゃ!と当時は一生懸命でした

授乳になると足のコードを抜いて
光線治療治療器から裸の息子を出して
服を着せて授乳をする(目隠しのまま)

※授乳前後に直母量を計測するためにスケールに乗っている写真です(この行為懐かしいな〜)

授乳が終わったら光線治療器に寝かせ
青い光のスイッチを入れて完了させて
その場を離れなければいけないことが
母として心苦しかったです😢

泣いてしまった時は光線治療器に入れることが
どうしても出来ず、泣き止んでから…
と思っていたらなかなか泣き止まずに
『お願い泣き止んで』と思いながら
私がポロッと泣きながら抱っこ。

しばらく息子が泣き止むのを待ってから
光線治療器にセットした事もありました

後から泣いちゃったのなら仕方ないけど、
泣いたまま入れるのは可哀想だもんね。

透明なケースのような光線治療器に
目の保護テープ貼って寝かせる行為を
授乳のたび3時間おきに何度も行いましたが
気持ちが慣れるまで時間がかかりました。

助産師さんの優しい配慮

光線治療から目を守る保護テープですが
自分で張り替える時もありました

最初は授乳の時に気がついたら
ピロピロちょっと剥がれかけてたので
目のテープ剥がれかけてます、と伝えたら

助産師さん
助産師さん
あらあら、本当だ。新しいテープ持ってくるね。

交換してもらえるのだと思っていたら
当然の様に新しいテープを渡されました!

きうい
きうい
え!自分で貼るの?びっくりだけど、子どもの事は基本自分でやるスタイルなんだな…!てか久しぶりに赤ちゃんの顔みれるじゃん〜♡

ピロピロしたテープを剥がして久しぶりに
息子の顔を見られて『かわいい〜!』って
改めてまじまじ見る私(笑)嬉しかったです。

可哀想な気持ちが溢れそうだったけど
ダメだあまり考えすぎず貼ろう…と思って
ねんねした瞬間に貼りました(やっぱり辛い)

2度目は若い助産師さんがなんと
目の保護テープにおめめを描いてくれた!

か、かわいい 優しい配慮ですね
そして貼ってみる。
思ったより目が離れちゃってますね…
ってなって助産師さんと笑いました
(芸能人格付けチェックみたい)

目隠ししながらも、授乳時は一生懸命
吸い付いていてよく飲みお利口さん
ママが来たと分かるように
たくさん声をかけてあげました

助産師さん達が優しく声掛けてくれて
担当の産婦人科の先生も小児科の先生も
私の産後のケアと息子のケアを
本当によくしてくれました 

新生児黄疸の治療完了

産後2日目に発症して治療してから
約45時間後(産後4日目)に光線治療が
無事に終了しました✩°。⋆⸜

一緒に退院出来ることに

小児科Dr.
小児科Dr.
お母さんお疲れ様でした、数値も安定したので光線治療は終わります。引き続き経過を診ますがこのままいけば一緒に退院出来そうですよ。

『一緒に退院できる』のワードが
本当に嬉しかったです!

はじめての母子同室に

4日目の朝、治療が完了して
目の保護テープがとれた息子を初めて
私のベッドの隣まで連れていけました
2人だけの空間〜嬉しかった〜!

少し日焼けあとが残る息子。

きうい
きうい
かわいい愛おしいが止まらなかったです

退院後、新生児黄疸ベビーの育児

無事に一緒に退院することが決定し
助産師さんに気をつけることはありますか?
と、質問してみると

助産師さん
助産師さん
もう特に気にしすぎなくて大丈夫だけど黄疸は適度に日光にあたって、よく飲んで、よく排出するのが一番❣️

教えてもらったのでお家でも朝は
窓際の日の当たるところに寝かせて
よく飲んで排泄できるようお世話しました
(便秘じゃないか等気をつけてみてた)

1ヶ月健診で改めて診察

退院後一生懸命お世話をし
新生児黄疸の黄みもだんだん引いてきた
1ヶ月健診で(実質は3週間だった)
改めて診てもらい、良いですね♡と完治報告!

母子手帳に『健やかに育っています』と
記入された欄をみて本当にうれしかったです

入院中の退院後大きな問題もなく、
落ち着くことが出来て本当に安心しました。

きうい
きうい
ちなみに、新生児黄疸になった息子の入院費請求は18万円でした!(が、医療控除で無料でした…日本ってすごいなぁ🇯🇵)

おわりに。

新生児黄疸はすぐ治るって分かっていたけど

大きな病気ではなかったけど

たったの2日間だったけど

息子になにかあると 心配で不安で

こんな胸が締め付けられる気持ちになること

親になって初めて経験し、知りました

そして改めて医療現場の皆様に感謝しています

生後4ヶ月の現在は
黄疸の面影も消失して
お肌もおめめもすっかり白くなり
元気いっぱいに過ごせています

これからも健康にすくすく
大きくなれますように ⚐⚑⚐